ゴルフクラブのシャフトの最適な重さ

ゴルフクラブのヘッドには、重さに大きな違いがありません。したがってゴルフクラブ全体の重量は、シャフトの重さによって決まることになります。

自分に合った重さを選ぶことでスイングが改善され、飛距離が大きく変わることもあります。

どれぐらいが最適かを知っておくことは重要です。

ドライバー用のシャフトとしては、40グラム台から90グラム台まで、幅広い製品が発売されています。

ただし市場では50~60グラム台の製品が多数を占めています。

一般的に重いクラブは力の強いヒッター向き、軽いクラブは遠心力を利用するスインガー向きと言われています。
たとえばヘッドスピードが40m/s程度なら50グラム台、45m/s程度なら60グラム台というのが目安のひとつになります。



もちろん個人差はあるので、実際に振ってみて選ぶのが大切です。


振りきれないほど重いゴルフクラブだと、ヘッドスピードが落ちて飛距離も出なくなってしまいます。



しかし軽いクラブばかり使用するのも考え物です。

軽いクラブは扱いやすく、ヘッドスピードも上がるため気持ちが良いものですが、慣性が働かないのでスイングの軌道がブレやすくなります。

また軽いということは運動エネルギーが低いということですから、ヘッドスピードは上がっても飛距離は伸びせん。

ですから振りきれる範囲内で、やや重いと感じるぐらいのクラブが最適と言えるでしょう。

それが結果的にはスイングの安定にも繋がります。